amijok 松本・中町のカフェ&雑貨のお店

【 パタゴニア・ブックス×amijok 】


―「パタゴニア・ブックス」の取扱いがはじまります―

b0204453_3172848.jpg

※PHOTO: Steve Gnam
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「R143+」(Stamp Rally) ※詳細は→https://www.facebook.com/matumoto.cafe


松本市街地の東側を走る国道143号。
その沿線と周辺の個人店を巡るスタンプラリーが、この冬も始まります。(2015年1月17日-2015年3月21日)

今回は、期間中 参加11店舗それぞれの店内に、もうひとつのお店が現れる、
「SHOP in SHOP 」 というコンテンツが加わります。

普段から取扱いのある作り手の作品を改めてフューチャーする店、
「はじめまして」のパートナーを招いた店、
この企画のために新ユニットを結成した店、
スタイルはそれぞれですが、どの「SHOP in SHOP」も魅力的です。

amijokでは、パタゴニア日本支社およびパタゴニア白馬のご協力をいただき
「パタゴニア・ブックス」をお招きします。
(2015年1月17日-2015年3月21日)

以下紹介
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アウトドア・スポーツの中における、あらゆる厳しい条件にも耐えうる高品質なウェア・ラゲージ・ギアを展開する衣料品製造・販売会社「パタゴニア」。
そのものづくりは、徹底した品質主義とともに環境問題にも配慮され、その活動は国際的にも知られています。
過剰を排し、シンプルさに立ち返るパタゴニアの姿勢は、新しいスタンダードを築くものではなく、もともとあった価値を探り 気付き 大切にしていく姿勢。
このことは私の日常にも、出来ているか否かはともかく、指針として大いにリンクしています。

そんなパタゴニアの出版部門が、今回ご紹介する
「パタゴニア・ブックス」 (https://www.facebook.com/patagoniabooksJP?fref=ts)

2007年にスタートした「パタゴニア・ブックス」には魅力的な書籍が揃っています。
その中で私が初めて読んだのが、創業者イヴォン・シュイナードが著した『社員をサーフィンに行かせよう』でした。

2007年当時 私のパタゴニアにおける認識は、パタゴニア=数あるアウトドアメーカーのうちの一つ という程度のもの。
ただ、タイトルに魅かれ、その時 私が社会人としてこれからどうするべきかを悩んでいる境遇とも重なり、
何かのヒントがあればいいなと思い、なんとなく手にしたのでした。

読んでみて20代半ば過ぎの私が思ったのが
・単なるビジネス本の域だけに止まらない、生活や暮らしていくことにも関係する身近なテーマとして向き合えた。
・もっと自然を見てみたい感じてみたい、旅に出たい。
・こうあるべきだに捉われないパタゴニア社員が、それを認める企業風土とともにイキイキしているように感じた。
・環境にも配慮した商品をつくること、そのような商品を選ぶことへの責任や期待感。

でした。

これを読み、私の生活が具体的・劇的な変化をしたわけではございませんが、「パタゴニア」という企業が見据えている画に(なんだか)強く魅かれ、(なんだか)いいなと感じたのでした。
世界観が驚くほど広がったようでした。
また、本にはこんなにも人に影響を与える魅力があるものなのか とも・・・。
これ以降、パタゴニアに関する本をたびたび読むに至っています。

私は今 「まち」(住んでいるところ)と「自然」を繋ぐ暮しのヒント というものに興味があります。
・自然に触れたい
・遊びたい
・身体によいものを食べたい
・育てたい
・働きたい(カフェを営んでいますが)
・人とゆるやかな心地よい関係を築きたい(無理強いはしません)

こんなさまざまなキーワードから、コミュニティやライフスタイルをデザインできたら楽しいなと思います。
そしてそれは豊かな自然・それにまつわるアクティビティ・民藝・伝統・文化が残る松本、ほどよい規模の街としての松本で暮らしていくことで、少しずつ見えてくるような気がしています。

「パタゴニア・ブックス」 松本 コーヒー

「パタゴニア・ブックス」の本は、松本によく似合います。
そのたたずまいや内容から、本当にぴたり だと思っています。

数種類を除く、ほとんどのパタゴニア・ブックスのラインナップがamijokに並びます。
美しい大自然を切り取った写真集、環境破壊に警鐘を鳴らすようなもの、パタゴニア・ビジネスの指針を紹介したもの、旅の本質を教えてくれるものなど、
実に幅広く展開します。
どうぞ、お手に取ってご覧ください。そして素敵な本との出会いがありましたら、連れてお帰りください。販売をしております。

パタゴニア・ブックスの本を片手にコーヒーなんて・・・
あまりにも相性が良く うっとりとしすぎて、言うことを忘れてしまいました。

amijok店主 小島


※Special Thanks:
・パタゴニア日本支社 (http://www.patagonia.com/jp/home
・パタゴニア白馬 (http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=92777)
・パタゴニア・ブックス(https://www.facebook.com/patagoniabooksJP?fref=ts)
[PR]



by amijok-tk | 2015-01-11 03:21 | 店舗情報 | Comments(0)

松本市中央3-4-14  0263-88-6238  10:00~18:00 毎木・第2第4水定休 Facebook、twitterもよろしくお願いします
by amijok-tk
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

[ muffin!! ]あん..
at 2017-07-11 11:04
[ &古絵本市 ]
at 2017-07-03 12:54
[ Goodmorning! ]
at 2017-07-01 08:39
[ O'Jizo LIVE!..
at 2017-06-27 20:17
[ muffin!! ]さっ..
at 2017-06-26 12:20

最新のコメント

I’m not that..
by Christian at 10:11
Greetings I ..
by precio de at 12:05
Hello, i thi..
by ray ban oa at 19:35
This is the ..
by nike shoes cheap at 21:05
みるりん さん こんに..
by amijok-tk at 16:55
昨日マフィンとスコーンを..
by みるりん at 15:32
なまたろうさま コメン..
by amijok-tk at 15:44
年末伺いたいな と久し..
by なまたろう at 07:08
日に日に寒さが増しており..
by amijok-tk at 11:00
美斉津さま こんにちは..
by amijok-tk at 10:59

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
最近のめっちゃほっこり♪
from Simple is Beau..

フォロー中のブログ

検索

ファン

ブログジャンル